Wwパターン・Mmパターン

ボブ・ボルマン著のFX5分足スキャルピングという少しお高めの本があります。

FX5分足スキャルピング

この書籍は私が使っているブレイクアウト手法を軸にしたものなのですが、

その中でも、最強の形で、カップ&ハンドルの仲間よりも強力と言われる

【Wwパターン】【Mmパターン】というものがあります。

書籍にもブレイクアウトトレーダーは、これらがどのように形成されていくのかを知っておくよう強く勧める(FX5分足スキャルピングP235)。とあり、直近ドル円/ユーロドルのチャートに出現していたので見てみます。

2022.6.24のドル円30分足チャート。

簡単に言えば、大きなWボトムがあって、少し上に小さなwボトムができる。これが【Wwパターン】です。

ポイントは大きなWボトムのネックライン付近に、小さなwボトムができる形がそれにあたります。

要はそこに大きな抵抗があって、ブレイクアウトすることでストップを巻き込み強い上昇になる形。

2022.5.11のユーロドル15分足チャート

Wwパターンの逆で、大きばダブルトップが一つ、そのネックライン付近に小さなダブルトップができるのが【Mmパターン】です。

こちらも抵抗帯を下にブレイクすることで、強い下落に繋がります。

今チャートの右下に目をやると、【Wwパターン】もありますね!!

こんな感じで、もし見つけたら、チャンスなるのでMAに引き付けてエントリーしてみてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

※5分足スキャルピングは高額本なので、まずは書店なので目を通されることをお勧めします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。